廃車買取の還付

知っておきたい廃車や買取における任意保険の還付

自動車やバイクを購入時に必ず加入する義務がある自賠責保険のほかに、高騰する交通事故時の補償等をフォローする任意保険も、いまや加入することが当たり前の時代となってきました。

一般的に、業者による廃車や買取が成立すれば、自賠責保険と同様、任意保険も支払い済み保険料の残額がある場合は、契約した保険会社に保険料の還付を申請することができます。

保険料の残額を受け取ることが可能かどうかは、保険の契約によって異なりますので、事前に保険会社へ確認を取ることが大事です。おおむね一ヶ月以上の有効期限が残っていることが必要条件となります。

ところで、任意保険の解約については、廃車後しばらく自動車に乗ったり購入する予定のない人と、他の自動車に乗りかえる人では手続きそのものが違ってきますので注意が必要です。

まず廃車後に自動車を所有し運転する予定のない人については、保険会社に解約の申し込みをします。

前もって廃車の日時がわかっている場合は、先付け解約という制度を利用します。

なぜならば、たとえ廃車が完了しても、解約手続きが終了しない限り、その保険は継続されるからです。

よって先付け解約をすることで無駄な出費を抑えて節約することができます。残額の精算については、ほとんどの保険会社が月単位となっています。

いっぽう、しばらく経ってから他の自動車に乗り換えるなどして運転を継続する場合は、保険会社に中断の申し込みをします。

廃車や買取が終了すれば、保険金の還付申請を行うことができますが、必要となる書類は「登録時の印鑑」「有効期限が三ヶ月以内の印鑑証明書」「自賠責証明書」「ナンバープレート返却時にもらえる標識返納証明書」「返金用の銀行口座」などがあげられます。

以上の必要書類を揃えて保険会社の窓口あるいは代理店の担当者に申請します。

その後、保険会社による規定の計算が終了すれば、銀行口座に保険料の残額が振り込まれます。

なお、先々、再び自動車を購入したり運転する予定がある場合は、中断証明書を発行してもらうことで現在の等級割引ランクを生かすことができるので、保険料を節約することができますので、忘れずに手続きをしておきましょう。

中断証明書の発行を怠ると、これまでの等級や無事故歴が無効となってしまいます。

わからないことや疑問点があれば、契約していた保険会社の担当者に相談し、先々の自動車購入や運転をどうするかで、どういった手続きをとるか判断しましょう。