廃車のナンバープレート

廃車の際のナンバープレートはどうなるのか?

廃車とは、ただ単に車を捨てるということを指すだけでなく、車を所有していたという記録をも消すということも指すのです。

そして、廃車の手続きは大きく2種類に分けられており、永久抹消登録、一時抹消登録、2種類に分類されるのです。

そして、永久抹消登録とは、所有していた自動車が物理的に解体をしてしまっているときや、事故などの災害などで車が使用できなくなった際に行う手続きのことで、車を所有していた管轄の運輸支局から車を所有していたという記録を消すという手続きとなっているのです。

そして、一時抹消登録とは、一時的に車の使用を中止する際に行う手続きのことで、たとえば、長期間の海外への出張であったり、病気などで長期入院をすることになったり、車を盗難にあってしまった際に車の使用を停止するために行う手続きのことであります。

廃車となった車は、一般的に中古車として流通することになりますが、中古車としても使用することができなほど破損しているということなっている場合は、部分的に使用できる部品のみを回収し中古車や車の修理等に使われることがあります。

ただ、廃車を行うと決めた場合はそのまますぐに捨てることができるというわけではなく、さまざまな手続きを行って廃車を行わなければなりません。

廃車を行う際に、費用を請求されることも多いですし、しかし売るということになってくると話は変わってくるのですが、売るということになると査定を行い買い取り額を確認をしてから売るという作業を行う必要があるのです。

そして、どの車にも共通して設置されているものの一つとしてナンバープレートがあります。

ナンバープレートは、数字や文字、都市名などを組み合わせて設定されているものを車へ設置しており、このナンバープレートは、車に設置することは義務付けられており、このナンバープレートから事故を起こした際に逃亡をした場合や、不審車両などを特定するなどの判断材料として使用されております。

廃車を行うときにこのナンバープレートは、車を使用していた管轄の運輸局へ返却を行わなければいけません。

このプレートは、車一つ一つの数字や文字、都市名がまったく一致しているというものがなく、プレートは返却しなければプレートを設置していた車が管轄の運輸局ではずっと存在し続けているということになるのです。

なので、車の廃車手続きを行う際には、必ずプレートを返却をしなければならないのです。