廃車の登録抹消

自動車を廃車する際の登録抹消の手続き

保有している自動車を廃車にしようとした場合、以前はその後の行方にはあまり差が有りませんでした。

しかし、リサイクル法の施行に伴い、自動車部品などの完全なリサイクルを目的の一つとして、自動車税の還付が行われるようになり、単純な廃車、つまり自動車自体は以前と同じように所有しているものの車検証の登録抹消がされている場合、業者などへの売却の後、購入した業者による輸出も含めた転売がされるケース、更には、その業者による完全な廃却処分が実施されその事実が証明される場合とで、その還付額に違いが生まれる状態となっています。

自動車税に関しては、従来から所有権の譲渡も含めた登録抹消により納税義務が消滅し、既に納付された税金であっても、月割りで計算され、元の所有者に還付される制度となっていたため変更は有りませんが、永久抹消登録、つまり解体等によりその自動車自体が完全に廃棄処分とされたことを業者から証明された場合は、自動車重量税に対しても、車検証の有効期限が1ヶ月以上残っていれば還付対象となり、その場では不可能ですが後日還付手続きが行える事となりました。

この事で判るように、所有している自動車を廃車にする場合、従来以上にその後の行方を、業者に確かめ、それぞれの証明書を取り寄せる事が、損の少ない廃車手続きと言えるでしょう。

当然の事ながら、登録抹消手続きを行う事もせずナンバーを付けたまま放置してしまう事は、税金の還付を受ける事の出来る自動車重量税や自動車税を受け取る事が出来なくなるばかりか、自賠責保険や任意保険など、返却される金銭を無駄にしてしまう上、税金について考えると、翌年も再び同じだけ、或いは自動車の登録年数によってはそれ以上の税金が課せられることとなり、その差額は大きなものとなってくるでしょう。

もう使う事が無いからと言って、どんなに広い車両保管の可能な土地が有ったとしても、使わない車に対して無駄に費用を掛けることはないのです。

各種の還付条件を満たすためにも、必要の無くなった自動車は、一日も早く登録抹消の手続きを、勿論、登録年度、そしてその自動車の価値を考える必要は有りますが、売却したとしても価値を認められない自動車であるのなら、確実に永久登録抹消、つまり完全な分解、廃却を証明してもらえる業者に売却し、廃車手続きを行う事が無駄のない廃車と言えるのです。

地球の環境を考える上でも、重要な事だと言えるはずです

  • 廃車・買取は納税証明書があったほうがスムーズ 自動車の廃車や買取を依頼するとき、走行距離や年式、修復歴等の車両の状態には気を使っていると思います。 査定を依頼する際もこうした項目は必須項目となっていますので、チェックが漏 …

    廃車・買取時の納税証明書

  • 廃車で使えそうなタイヤを買取に出す 車を手放すタイミングは廃車や買取がその時ですし、新しく車の乗り換えを行う場合にも処分されます。 廃車はもう乗る事が難しくなった場合の処分方法ですから、悔いを残さない車との別れは重要です …

    廃車でタイヤを買取に出す